「とんころホルモン(激辛味)」はピリ辛仕立てでご飯にもお酒にも合うナイスなホルモンだった

レビュー

パウチの森へようこそ
辛い物好きのパウチッチです

今回は辛い物についてです
ですが過去に紹介したラーメンやカレーとは一味違う激辛料理
ズバリ激辛のホルモンについてです!

今回紹介を行うホルモンの気になる商品名ですが「とんころホルモン(激辛味)」になります
もう間違いなく美味しい事は確定しています!笑

だってホルモンですよ!?
そして辛いんですよ!?
マズいはずがない!

まぁまずは落ち着いて商品説明から行きましょう

「とんころホルモン(激辛味)」とは

フジ食品から販売されている冷凍の味付きホルモンになります
「とん」ころホルモンという名称で解るかと思いますが豚のホルモンになります
部位で言うと大腸になりますね

要約すると豚の大腸を激辛に味付けして冷凍させた商品ですね笑
うん、間違いなくイケてる!
私の様な激辛好き兼ゲテモノ好きには堪らないコンテンツって事!笑

パッケージはこんな感じになっています

パッケージ

良いですね~
美味しそう以外の感想は無いかな笑
いや、強いて言うならばキムチみたいだと言っておきたいと思います

ちなみに裏面はこんな感じになっています

裏面

はい
キムチみたいですね笑

作り方的な物は明記されていませんが、注意書きとして「必ず中心部まで過熱してお召し上がり下さい」と書いてあります
なので解凍後にフライパンでしっかりと中心部まで火が通るように炒めてから食べれば良いかと!

ヤバい!凄く楽しみ!

実際に食べてみて

冷凍している商品を流水で解答し、しっかり炒めて作った物がこちら!

完成

キャベツも添えました笑
やべぇメチャクチャおいしそうに出来てしまった!

しかし、本当に辛いのかなこれ
今のところ全く辛そうに見えない
匂いも普通に美味しそうな匂いで辛さは感じられません

まぁいいや!食べればわかるさって事でいざ実食!

うん!
辛くないなこれ笑

いや、辛くないという事は無いですね
程良い辛さだと思います
まぁピリ辛程度であって激辛ではないですね
辛くて食べられないと感じる人は多くないと思います

しかし美味しい!
ご飯進んじゃう系の美味しさですねこれは
ホルモン特有の甘さがまた良い!

お酒にも合うし最高だなこれ
これは逆に辛くし過ぎてしまうとホルモンの旨味を感じる事が出来ないかもしれないのでこの位が丁度良いのかもしれない!

まとめ

今回食べた「とんころホルモン(激辛味)」ですが程よい辛さでご飯が進むナイスな商品でした
辛さはピリ辛程度に感じましたので辛過ぎて食べられないと感じる人は多くないと思います

ホルモン特有の甘さを感じることが出来てご飯との相性は勿論の事、お酒との相性も抜群だと思います
作り方も解凍してから炒めるだけなのでとても簡単!とてもシンプル!

ホルモンが好きで辛い物が好きな人にお勧めしたいです!
食べる時にはご飯かお酒の準備を忘れずに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました